モミジカラマツ

モミジカラマツ(紅葉唐松、紅葉落葉松)はキンポウゲ科モミジカラマツ属の多年草で、北海道から中部地方以北の亜高山から高山の湿った草地に生育する。

約1㎝ほどの白い花で、茎先に多数つける。細い糸のような線形の花びらは、実は花びらではなく長い雄しべである。花の中心にある雌しべは黄緑色。

葉はてのひら状に7~9に裂けていて、鋭いギザギザの鋸歯がある。総丈は30~60㎝。

花がカラマツ(唐松)の葉の付きかたに似ていて、葉がモミジ(紅葉)に似ていることが、この花の和名の由来となっている。似た花にカラマツソウがあるが、カラマツソウの葉は先が大きく3つに裂け、その裂けたそれぞれに3~5の切れ込みが入っている(3~4回3出複葉)。

モミジカラマツ(紅葉唐松、紅葉落葉松)はキンポウゲ科モミジカラマツ属の多年草で、北海道から中部地方以北の亜高山から高山の湿った草地に生育する。

約1㎝ほどの白い花で、茎先に多数つける。細い糸のような線形の花びらは、実は花びらではなく長い雄しべである。花の中心にある雌しべは黄緑色。

葉はてのひら状に7~9に裂けていて、鋭いギザギザの鋸歯がある。総丈は30~60㎝。

花がカラマツ(唐松)の葉の付きかたに似ていて、葉がモミジ(紅葉)に似ていることが、この花の和名の由来となっている。似た花にカラマツソウがあるが、カラマツソウの葉は先が大きく3つに裂け、その裂けたそれぞれに3~5の切れ込みが入っている(3~4回3出複葉)。

詳細情報

  • 花の名前: モミジカラマツ
  • 学名: Trautvetteria caroliniensis var. japonica
  • 科名: キンポウゲ科
  • 属名: モミジカラマツ属
  • 花期: 7月, 8月
  • 生育環境: 湿った草地
  • 植物のつくり: 一般的に草花
  • 花の色: 白花系
  • 花びらの枚数: 10枚以上, 判別困難(花が極小・複雑・不規則等)
  • 花びらのかたち: 線形・長舌形, その他(極小・複雑・不規則等を含む)
  • 葉のかたち: 手のひら形・羽状
  • 葉の縁のかたち: 鋸歯(葉にギザギザがある)
  • 似ている花: カラマツソウ
2018年6月25日(月)16:29