ミヤマコウゾリナ

ミヤマコウゾリナ(深山髪剃)はキク科の多年草で北海道から中部地方に分布し、亜高山から高山の草地や砂礫地に育成する日本固有種である。コウゾリナの高山型とされる。高さは約20~40㎝。

茎先が幾つかに枝分かれし、約1.5~2㎝の黄色い花を複数つける。舌状の花びらが多数集まった花で、花びらの先を良く見ると浅いギザギザ状になっている。

茎と葉に剛毛と腺毛が生えているのが特徴。茎葉は約6~10㎝で互生し被針形である。葉の根元がやや茎を抱くようについている。葉の縁に剛毛が生えるがギザギザ(鋸歯)はない。

低地に生育するコクゾリナの花と似ているが、ミヤマコウゾリナほど剛毛ではない。コウゾリナの名前は茎に生える剛毛をカミソリ(剃刀)にたとえてつけられた。

 

ミヤマコウゾリナ(深山髪剃)はキク科の多年草で北海道から中部地方に分布し、亜高山から高山の草地や砂礫地に育成する日本固有種である。コウゾリナの高山型とされる。高さは約20~40㎝。

茎先が幾つかに枝分かれし、約1.5~2㎝の黄色い花を複数つける。舌状の花びらが多数集まった花で、花びらの先を良く見ると浅いギザギザ状になっている。

茎と葉に剛毛と腺毛が生えているのが特徴。茎葉は約6~10㎝で互生し被針形である。葉の根元がやや茎を抱くようについている。葉の縁に剛毛が生えるがギザギザ(鋸歯)はない。

低地に生育するコクゾリナの花と似ているが、ミヤマコウゾリナほど剛毛ではない。コウゾリナの名前は茎に生える剛毛をカミソリ(剃刀)にたとえてつけられた。

 

詳細情報

  • 花の名前: ミヤマコウゾリナ
  • 学名: Hieracium japonicum
  • 科名: キク科
  • 花期: 7月, 8月
  • 生育環境: 砂礫地, 草地
  • 植物のつくり: 一般的に草花
  • 花の色: 黄花系
  • 花びらの枚数: 10枚以上
  • 花びらのかたち: 線形・長舌形
  • 花びらの頂部のかたち: ギザギザに切れ込んでいる
  • 葉のかたち: 披針形、倒披針形
  • 葉の縁のかたち: 全縁(葉にギザギザがない)
  • 似ている花: コウゾリナ
2015年12月15日(火)14:18

 ピックアップ情報

新しく掲載した山花

やまはなブックよりお知らせ

やまはなブックとは

やまはなブックは、山登りと花が大好きな仲間どうして運営している高山植物のフォトブックサイトです。

花が好きだけどそこまでは詳しくないという初心者の目線で、調べたい花を分かりやすい特徴から絞り込めるようになっています。

掲載している花は、全て仲間たちが実際に山で撮影してきた花です。花をきっかけにもっともっと自然を大切に思ってくれる人がひとりでも多くなれば嬉しいです。

© 2015 yamahanabook. All Rights Reserved. Designed By KOICHIRO.