ウツボグサ

ウツボグサ(靫草)はシソ科ウツボグサ属の多年草で、北海道から九州に分布し日当たりの良い草地や道端に生育する。

茎先の約5㎝前後の花穂(穂のように見える花軸の部分)に紫色の唇形の小花を密につける。花が終わるとすぐに結実し、夏でも花穂が茶色に変わり枯れたようになるため、別名を夏枯草(カコソウ)という。ウツボグサの名の由来は、花穂が矢を入れる靫(うつぼ)に似ていることによる。

総丈は20~30㎝で、葉は対生する。葉の形は長卵形・長楕円形から被針形。葉の縁には低いギザギザがある。

似ている花としてタテヤマウツボグサがあるが、タテヤマウツボグサは亜高山~高地に生育し、花穂がウツボグサは5㎝前後、ウツボグサはそれより短い。

ウツボグサ(靫草)はシソ科ウツボグサ属の多年草で、北海道から九州に分布し日当たりの良い草地や道端に生育する。

茎先の約5㎝前後の花穂(穂のように見える花軸の部分)に紫色の唇形の小花を密につける。花が終わるとすぐに結実し、夏でも花穂が茶色に変わり枯れたようになるため、別名を夏枯草(カコソウ)という。ウツボグサの名の由来は、花穂が矢を入れる靫(うつぼ)に似ていることによる。

総丈は20~30㎝で、葉は対生する。葉の形は長卵形・長楕円形から被針形。葉の縁には低いギザギザがある。

似ている花としてタテヤマウツボグサがあるが、タテヤマウツボグサは亜高山~高地に生育し、花穂がウツボグサは5㎝前後、ウツボグサはそれより短い。

詳細情報

  • 花の名前: ウツボグサ
  • 学名: Prunella vulgaris subsp. asiatica
  • 科名: シソ科
  • 属名: ウツボグサ属
  • 花期: 6月, 7月, 8月
  • 生育環境: 草地
  • 植物のつくり: 一般的に草花
  • 花の色: 青紫・赤紫花系
  • 花びらの枚数: 判別困難(花が極小・複雑・不規則等)
  • 花びらのかたち: 袋状(筒・唇・ラッパ・壺・鐘・釣鐘)
  • 花びらの頂部のかたち: 2~3つに裂けている, 判別困難(花が極小・複雑・不規則等)
  • 葉のかたち: 卵形・倒卵形, 楕円形・長楕円形, 披針形、倒披針形
  • 葉の縁のかたち: 鋸歯(葉にギザギザがある)
  • 似ている花: タテヤマウツボグサ
2018年6月25日(月)16:06