イワイチョウ

イワイチョウ(岩銀杏)は、ミツガシワ科イワイチョウ属の多年草で、南千島と北海道から中部地方に分布する。

亜高山から高山の湿地に自生し、集散花序(花茎の先端に1つの花を付け、その下から枝が出てまた花を付けることを繰り返す)で、1~2㎝ほどの白い花を複数付ける。花弁の縁は波打っていて、中央に黄色い雌しべが1本、その周りに雄しべが5本ある。花の株によってその長さが異なり、雌しべが長く雄しべが長い長花柱花とその逆の短花柱花がある。同じ株の花同士で受粉しないためである。上の写真は長花柱花。 

葉は腎円形で縁には鋸歯のような細かいギザギザがあり、厚みがあって光沢がある。秋になると葉が黄色く紅葉するところがイチョウに似ているため、この名前が付けられた。また、湿原に群生することから別名をミズイチョウ(水銀杏)と言う。

イワイチョウ(岩銀杏)は、ミツガシワ科イワイチョウ属の多年草で、南千島と北海道から中部地方に分布する。

亜高山から高山の湿地に自生し、集散花序(花茎の先端に1つの花を付け、その下から枝が出てまた花を付けることを繰り返す)で、1~2㎝ほどの白い花を複数付ける。花弁の縁は波打っていて、中央に黄色い雌しべが1本、その周りに雄しべが5本ある。花の株によってその長さが異なり、雌しべが長く雄しべが長い長花柱花とその逆の短花柱花がある。同じ株の花同士で受粉しないためである。上の写真は長花柱花。 

葉は腎円形で縁には鋸歯のような細かいギザギザがあり、厚みがあって光沢がある。秋になると葉が黄色く紅葉するところがイチョウに似ているため、この名前が付けられた。また、湿原に群生することから別名をミズイチョウ(水銀杏)と言う。

詳細情報

  • 花の名前: イワイチョウ
  • 学名: Nephrophyllidium crista-galli
  • 科名: ミツガシワ科
  • 属名: イワイチョウ属
  • 花期: 7月, 8月
  • 生育環境: 湿原・湿地
  • 植物のつくり: 一般的に草花
  • 花の色: 白花系
  • 花びらの枚数: 5枚
  • 花びらのかたち: へら形
  • 花びらの頂部のかたち: 丸くなっている
  • 葉のかたち: 円形, ハート形・腎形・腎円形
  • 葉の縁のかたち: 鋸歯(葉にギザギザがある)
  • 似ている花: ミツガシワ
2018年6月25日(月)16:09