ミヤマリンドウ

ミヤマリンドウ(深山竜胆)は、リンドウ科リンドウ属の多年草で、北海道から中部地方に分布する。

花の色は濃い目の青紫色の鐘型で、花冠は1.5~2㎝程度。花びらは10枚あるようにも見えるが、1花冠が5つに裂けていて、楕円形の裂片の間に先がギザギザ状の小さい副片がくっついている。

葉は0.5~1㎝の先が細い小さな卵型で、茎に開平して対生する。

よく似たタテヤマリンドウは花の色がもっと薄い淡青紫色で、花弁の基部に黒い点や線が見えるが、ミヤマリンドウには、ぼかした白い点の集まりがあるところが特徴。

リンドウ(竜胆)は古くから薬草として知られ、その根の苦さは熊の胆よりも苦いことから、想像上の生き物である竜の胆にたとえられて名付けられた。健胃作用があるとされている。

ミヤマリンドウ(深山竜胆)は、リンドウ科リンドウ属の多年草で、北海道から中部地方に分布する。

花の色は濃い目の青紫色の鐘型で、花冠は1.5~2㎝程度。花びらは10枚あるようにも見えるが、1花冠が5つに裂けていて、楕円形の裂片の間に先がギザギザ状の小さい副片がくっついている。

葉は0.5~1㎝の先が細い小さな卵型で、茎に開平して対生する。

よく似たタテヤマリンドウは花の色がもっと薄い淡青紫色で、花弁の基部に黒い点や線が見えるが、ミヤマリンドウには、ぼかした白い点の集まりがあるところが特徴。

リンドウ(竜胆)は古くから薬草として知られ、その根の苦さは熊の胆よりも苦いことから、想像上の生き物である竜の胆にたとえられて名付けられた。健胃作用があるとされている。

詳細情報

  • 花の名前: ミヤマリンドウ
  • 学名: Gentiana nipponica
  • 科名: リンドウ科
  • 属名: リンドウ属
  • 花期: 7月, 8月, 9月
  • 生育環境: 湿った草地, 湿原・湿地
  • 植物のつくり: 一般的に草花
  • 花の色: 青花系, 青紫・赤紫花系
  • 花びらの枚数: 5枚, 10枚
  • 花びらのかたち: 円形, へら形, 袋状(筒・唇・ラッパ・壺・鐘・釣鐘)
  • 花びらの頂部のかたち: 丸くなっている, 2~3つに裂けている, 判別困難(花が極小・複雑・不規則等)
  • 葉のかたち: 卵形・倒卵形
  • 葉の縁のかたち: 全縁(葉にギザギザがない)
  • 似ている花: タテヤマリンドウ
2015年9月09日(水)10:56

 ピックアップ情報

新しく掲載した山花

やまはなブックよりお知らせ

やまはなブックとは

やまはなブックは、山登りと花が大好きな仲間どうして運営している高山植物のフォトブックサイトです。

花が好きだけどそこまでは詳しくないという初心者の目線で、調べたい花を分かりやすい特徴から絞り込めるようになっています。

掲載している花は、全て仲間たちが実際に山で撮影してきた花です。花をきっかけにもっともっと自然を大切に思ってくれる人がひとりでも多くなれば嬉しいです。

© 2015 yamahanabook. All Rights Reserved. Designed By KOICHIRO.