マルバダケブキ

マルバダケブキ(丸葉岳蕗)はキク科メタカラコウ属の多年草。茎の高さは40-120cmになる。根出葉は長い葉柄があり、葉身はフキに似た腎円形で径30-40cmになり、縁は鋸歯状になる。茎につく葉の葉柄の基部は広くふくれて茎を抱く。

花期は5-8月。茎の上部に散房状に5、6個の黄色い径5 -8 cmの頭花をつける。舌状花は10個ほど。トウゲブキ(エゾタカラコウ)にはある総苞の基部と花柄の基部の苞はない。冠毛は赤褐色になる。

本州、四国に分布し、山地や深山のやや湿った草地、林縁に自生する。本州中部地方から東北地方の山中に多く、四国にはまれにみられる。

マルバダケブキ(丸葉岳蕗)はキク科メタカラコウ属の多年草。茎の高さは40-120cmになる。根出葉は長い葉柄があり、葉身はフキに似た腎円形で径30-40cmになり、縁は鋸歯状になる。茎につく葉の葉柄の基部は広くふくれて茎を抱く。

花期は5-8月。茎の上部に散房状に5、6個の黄色い径5 -8 cmの頭花をつける。舌状花は10個ほど。トウゲブキ(エゾタカラコウ)にはある総苞の基部と花柄の基部の苞はない。冠毛は赤褐色になる。

本州、四国に分布し、山地や深山のやや湿った草地、林縁に自生する。本州中部地方から東北地方の山中に多く、四国にはまれにみられる。

詳細情報

  • 花の名前: マルバダケブキ
  • 科名: キク科
  • 花期: 5月, 6月, 7月, 8月
  • 生育環境: 湿った草地, 林縁
  • 植物のつくり: 一般的に草花
  • 花の色: 黄花系
  • 花びらの枚数: 5枚, 6枚
  • 花びらのかたち: ハート形
  • 花びらの頂部のかたち: ギザギザに切れ込んでいる
  • 葉のかたち: 円形
  • 葉の縁のかたち: 鋸歯(葉にギザギザがある)
2015年9月01日(火)16:49

フォトギャラリー

 ピックアップ情報

新しく掲載した山花

やまはなブックよりお知らせ

やまはなブックとは

やまはなブックは、山登りと花が大好きな仲間どうして運営している高山植物のフォトブックサイトです。

花が好きだけどそこまでは詳しくないという初心者の目線で、調べたい花を分かりやすい特徴から絞り込めるようになっています。

掲載している花は、全て仲間たちが実際に山で撮影してきた花です。花をきっかけにもっともっと自然を大切に思ってくれる人がひとりでも多くなれば嬉しいです。

© 2015 yamahanabook. All Rights Reserved. Designed By KOICHIRO.