ミヤマキリシマ

ミヤマキリシマ(深山霧島)は、ツツジの一種。九州各地の高山に自生する。1m程度の低木で、花期は概ね5月下旬から6月中旬。枝先に2-3個ずつ紫紅色の花をつけるが、桃色、薄紅色の花も見られる。また、気候が似通った秋にも少し咲くことがある。和名に冠された霧島山・えびの高原のほか、阿蘇山、九重山、雲仙岳、鶴見岳など九州各地の高山に分布する。

ミヤマキリシマは、火山活動により生態系が撹乱された山肌で優占種として生存できる。逆に火山活動が終息し植物の遷移によって森林化が進むと、優占種として生存できなくなる。

ミヤマキリシマ(深山霧島)は、ツツジの一種。九州各地の高山に自生する。1m程度の低木で、花期は概ね5月下旬から6月中旬。枝先に2-3個ずつ紫紅色の花をつけるが、桃色、薄紅色の花も見られる。また、気候が似通った秋にも少し咲くことがある。和名に冠された霧島山・えびの高原のほか、阿蘇山、九重山、雲仙岳、鶴見岳など九州各地の高山に分布する。

ミヤマキリシマは、火山活動により生態系が撹乱された山肌で優占種として生存できる。逆に火山活動が終息し植物の遷移によって森林化が進むと、優占種として生存できなくなる。

詳細情報

  • 花の名前: ミヤマキリシマ
  • 科名: ツツジ科
  • 花期: 5月, 6月
  • 生育環境: 岩礫地, 砂礫地
  • 植物のつくり: 一般的に樹花
  • 花の色: ピンク花系
  • 花びらの枚数: 5枚
  • 花びらのかたち: へら形
  • 花びらの頂部のかたち: 丸くなっている
  • 葉のかたち: 卵形・倒卵形
  • 葉の縁のかたち: 全縁(葉にギザギザがない)
2018年6月25日(月)16:14