ニッコウキスゲ

ゼンテイカ(禅庭花)はキスゲ亜科の多年草。一般には、「ニッコウキスゲ」の名前で呼ばれることも多い。また、各地で別々に同定されたため、和名、学名ともに混乱が見られる。

日本の本州などでは高原に普通に見られるが、東北地方や北海道では海岸近くでも見られる。関東では低地型のムサシノキスゲや、奥多摩、埼玉、茨城県でも低地型の自生のニッコウキスゲが見られる。花期は5月上旬から8月上旬。草原・湿原を代表する花で、群生すると山吹色の絨毯のようで美しい。 高さは50cm〜80cm。花茎の先端に数個つぼみをつける。花はラッパ状で、大きさは10cmぐらい。花びらは6枚。朝方に開花すると夕方にはしぼんでしまう一日花。ムサシノキスゲは開花の翌日まで開花する。

ゼンテイカ(禅庭花)はキスゲ亜科の多年草。一般には、「ニッコウキスゲ」の名前で呼ばれることも多い。また、各地で別々に同定されたため、和名、学名ともに混乱が見られる。

日本の本州などでは高原に普通に見られるが、東北地方や北海道では海岸近くでも見られる。関東では低地型のムサシノキスゲや、奥多摩、埼玉、茨城県でも低地型の自生のニッコウキスゲが見られる。花期は5月上旬から8月上旬。草原・湿原を代表する花で、群生すると山吹色の絨毯のようで美しい。 高さは50cm〜80cm。花茎の先端に数個つぼみをつける。花はラッパ状で、大きさは10cmぐらい。花びらは6枚。朝方に開花すると夕方にはしぼんでしまう一日花。ムサシノキスゲは開花の翌日まで開花する。

詳細情報

  • 花の名前: ニッコウキスゲ
  • 科名: キスゲ亜科
  • 花期: 5月, 6月, 7月, 8月
  • 生育環境: 湿った草地, 湿原・湿地
  • 植物のつくり: 一般的に草花
  • 花の色: 黄花系
  • 花びらの枚数: 6枚
  • 花びらのかたち: へら形
  • 花びらの頂部のかたち: 鋭角に尖っている
  • 葉のかたち: 線形・針状
  • 葉の縁のかたち: 全縁(葉にギザギザがない)
2018年1月09日(火)12:12

 ピックアップ情報

新しく掲載した山花

やまはなブックよりお知らせ

やまはなブックとは

やまはなブックは、山登りと花が大好きな仲間どうして運営している高山植物のフォトブックサイトです。

花が好きだけどそこまでは詳しくないという初心者の目線で、調べたい花を分かりやすい特徴から絞り込めるようになっています。

掲載している花は、全て仲間たちが実際に山で撮影してきた花です。花をきっかけにもっともっと自然を大切に思ってくれる人がひとりでも多くなれば嬉しいです。

© 2015 yamahanabook. All Rights Reserved. Designed By KOICHIRO.