タカネグンナイフウロ

タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)はフウロソウ科フウロソウ属の多年草。高山植物の一。本州中部の亜高山帯から高山帯にかけて分布し、明るい草地に生育する。高さは30~50cmで、紫色の花を数輪つける。花期は7~8月。

タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)はフウロソウ科フウロソウ属の多年草。高山植物の一。本州中部の亜高山帯から高山帯にかけて分布し、明るい草地に生育する。高さは30~50cmで、紫色の花を数輪つける。花期は7~8月。

詳細情報

  • 花の名前: タカネグンナイフウロ
  • 科名: フウロソウ科
  • 花期: 7月, 8月
  • 生育環境: 草地
  • 植物のつくり: 一般的に草花
  • 花の色: ピンク花系, 青紫・赤紫花系
  • 花びらの枚数: 5枚
  • 花びらのかたち: へら形
  • 花びらの頂部のかたち: 丸くなっている
  • 葉のかたち: 手のひら形・羽状
  • 葉の縁のかたち: 鋸歯(葉にギザギザがある)
  • 似ている花: ハクサンフウロ
2018年6月25日(月)16:16